JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

あけましておめでとうございます。

2023年01月05日(木)

今年もよろしくお願い致します。
本日より通常業務に入りました。今年も沢山の鍛造製品の製作、皆様のお手伝いさせていただければと思っています。初荷作業、縁起がいい虎彫金と1月にぴったりな寒梅彫金、サイズの大きなリングを発送致しました。

7mm強の幅に鏨を使い手彫りで虎を施しました。手彫りなので全体の感じは一緒ですがよく見ると表情が微妙に違い、まさに一点物となるリングとなります。
指輪の方も地金溶解からサイズ、リング幅に合わせてバランスよく作っています。もちろん、リングの厚みも計算してつくります。指サイズが大きい場合、重さを増やして厚み保ちます。
弊社は1号〜6号、7号〜20号、21号〜25号、26号〜30号、31号〜35号を基準に重さを決めてバランスよく製作しています。又、ご希望に応じて厚み計算してご提案もしています。

特にマリッジリングやペアリングの場合、サイズが近い場合はそのままの重さで製作します。例えば2本のリング、一つが7号、一つが24号となる場合、円周が5cmと6.7cmとなります。リングの場合、1mmは誤差ではありませんので1.7cm差があると同じ重さの場合、2本並べると7号の方の厚みは厚く、24号の方は薄くなります。

おまかせください。鍛造製作なので、重さ分け合って予算はそのままで作れます。

上記の説明を簡単にすると
例えば1本が5g。サイズが7号と24号の場合。2本で10g 、
サイズ7号を4.5gにして24号を5.5gに変更しても重さは2本で10g。予算はそのまま。となります。
厚みもバランスよく分け合えます。

弊社の代表はペラペラが嫌いでございます。サイズ、デザインでしっかり厚み計算してご提供しています。
長くお使いいただき、価値ある素材、純金、純プラチナリングお楽しみ頂けたらと日々製作しています。





|1|