JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

ジュエリーの専門の言葉

2022年06月07日(火)

先日、お客様からこれなんて読むのですかのご質問。

【匁】・・・モンメと読みます。
貴金属の重量は今でもモンメを使います。真珠も業者間では重さでの取引はモンメを使います。
1匁(もんめ)=3.75gです。3匁は3×3.75=11.25g、4匁は4×3.75=15gになります。
重さを表す単位です。
韓国のお客様接客の時、商品製作打合せ中、重さの基準、3.75gと。共通に驚いたことも。

【鍛造】・・・たんぞうと読みます。
わかりやすく言うと刀を作る方法と同じです。地金を溶解してハンマーでたたく、火入れ、たたきを何度も繰り返して硬度ある素材にしてリングやバングルに形成します。

【甲丸】・・・こうまると読みます。
幅2.5mmから6mm位まで製作しています。イメージは丸を半分にした形状です。かまぼこ型とも言われています。シンプルな形状なのでマリッジリングにも人気があります。毎日身に着けても気にならない位のデザイン。

【月甲】・・・つきこうと読みます。
イメージは三日月のようなイメージです。上の幅が広く下になる部分が狭い形状。横部分はサイズにあわせてなだらかにやすりをかけ下の部分に合わせた形になります。

【印台】・・・いんだいと読みます。
指輪の王様になります。世界中どこの国に行っても印台リングがあり、高貴の象徴とされています。
弊社は鍛造製法で三味型、正角型、丸型、六角型、横三味型、横長角型、横小判型、縦小判型の形状。印面部分に印鑑彫り、家紋彫り、梵字彫り。両肩には手彫り彫金アレンジできます。


パソコンも専門用語使われるとよーくわからないことが多々あります。普段聞きなれているとそのまま言葉や文章にして使ってしまっているところもあると思います。少しでも疑問に思ったことや質問、詳しく説明できる担当者がおりますのでお問い合わせください。100%ご回答させていただきます。






|1|