JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

ご希望のリング幅で指輪つくります。おまかせください。

2021年10月11日(月)

本日は、何本も幅の違った指輪が仕上ってきました。鋳造と違い、職人が、ハンマーを用い作り上げる鍛造リングですが、1mmの違いもない仕上がり職人技でございます。鍛造リング2mmからお作りしていますが、幅だけではなく、厚みも考えて製作しています。幅に対しての厚みを計算して作っています。

素材の中で純金は柔らかいのではとのご質問もありますが、幅、厚み、サイズをしっかり計算して鍛造製法で製作致しますのでおまかせください。又、幅に対して計算された厚みよりよりもっと厚くも可能でございます。リングの幅より厚みを取った形状は重厚感は深く仕上がります。

リングの厚みについて一例ご紹介。
マリッジリングの場合、サイズ6号と20号とサイズが離れてしまう傾向が多いですが、同じ重さで製作すると6号の方は厚みが出てしまい、20号の方はやはり円周が大きくなりますので厚みが薄くなります。その場合、5g+5g=10gとした場合、4.5gと5.5gで製作するとサイズは違いますが厚みで調整されますのでご希望に合うペアリングとなります。

印台リングの場合も、腕の下部分(手の平側)が薄いと重厚感が薄れますので、サイズに合う重さを提案させて頂いています。

その他、鍛造製法で数多くオリジナル製作していますので、お問合せ下さい。ご質問、疑問、専門スタッフおりますのでご返答致します。




|1|