JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

鍛造リングにハワイアンデザイン施した指輪のご紹介

2021年08月15日(日)

鍛造リング表面に洋彫り、和彫りと鏨を使い彫金デザイン施しておりますが、ご要望多くいただくハワイアンデザインデザインの種類増えています。今回は【ホヌ】デザインを鍛造平打リング表面に施しました。

ハワイの人々は昔から自然の中に神様がいると信じてきました。山の神様、海の神様…ハワイではウミガメ(ホヌ)は神聖な生き物とされ、幸運を運んでくると言われ多くの人々に親しまれています。 危険や災いから身を守ると信じられていて『(海の)守り神』とされています。

秘められた意味を知って身につけることで、パワーをもらえたり、見るたびに大切な事を思い出せたり…。身につけることにも大切な意味を感じられるデザインを日本伝統工芸、鏨を何本も使い分け繊細に仕上げています。

デザインはリング1周ぐるりとホヌを中心に海の神様ならではの波を入れて華やかな仕上がりになります。リングの幅はバランスから考えると5mm以上になります。4mm以下はやはり場面が狭くなりますのでホヌの形がつぶれてしまいます。4mm以下の場合でしたらホヌはいませんが波はデザインできます。

ハワイアンデザインはこちらから
https://jnn.jp/page.cgi?n=8_ad_1616679254




|1|