JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

鍛造リングにダイヤ留めています。

2021年02月15日(月)

鍛造リングにダイヤを留めたデザインがあります。0.01ctから取り扱っています。リングの幅、厚みによってダイヤのサイズは決まります。甲丸型、平打型、月甲型は0.01ctから0.05ct位が多く、印台リングは0.1ctから1ct、2ct、3ct・・となります。

ctはカラットと読みます。カラットは宝石の大きさや輝きを表すのではなく宝石の重さ基準となっています。ギリシャ語でケラチオン(イナゴマメの意味)が語源です。イナゴマメは古代から地中海東部で食用や医療品の原料として使われていた植物です。そのイナゴマメは重さがほぼ均一の約0.2gだったことから宝石を量る為に分銅のように使われていたのが発端、1カラットはこの重さから0.2gとなっています。世界に共通する重さの単位のうち真珠の計量に使われているのが日本の【匁(もんめ)】でありますが、鍛造印台リングも匁を基準に製作しています。

1匁は3.75gになります。6匁の印台リングと言うと6×3.75g=22.50gの印台リングになります。印台リングにダイヤを留める場合は五光留めという留め方をするとダイヤが大きく見え、輝きがとても綺麗です。ダイヤctで印台リングの重さ、印面のバランスを提案して製作しています。印台リングの場合は厚みがありますのでご希望のダイヤct留めることが出来ます。

甲丸型、平打型、月甲型に留めたダイヤ1石、3石、5石は定番の人気ですが、最近は手彫り彫金した龍の目にダイヤを留める、鳳凰の目に留める、龍の珠の所にダイヤを留めるが多く、さりげなくキラリと輝きお洒落なオリジナルとなります。






|1|