JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

新年明けましておめでとうございます。

2021年01月05日(火)

本日より仕事始めでございます。年末年始のニュースは厳しく発令されてしまうのでしょうか。今年もご希望に叶ったリング製作に取り組んでいく所存でございます。

先程、初荷作業させていただきました。鍛造リング手作業の為にお手元にお届けお時間いただきますが宝になります商品でございます。長くご愛用お楽し頂けます商品ですので今年もどうぞよろしくお願い致します。

ジュエリー館TOPバナーお正月用バージョンバナーみていただけましたか?何気なく鬼滅のねずこ柄入れてみたのですが・・

日々、彫金デザインを思案しておりますが、デザイン試案にあたり、着物デザイン帳等を見ております。鬼滅、鬼を退治、人情もある内容だったと思いますが、丹次郎の格子のデザイン、麻の葉柄、お母さんは薄紫と白の格子の着物着ていました。そのことを話すと『鬼滅、ソコ!』と言われてしまいました。

オリジナルデザインで、七宝、四君子、花菱唐草等のデザインを着物デザインより取り入れました。

手彫り彫金は大きく分けて洋彫り、和彫りがあります。和彫りは菊、松、梅、鶴、亀等のデザイン。洋彫りは花柄等を象形化連続模様になります。オリジナルデザインで昨年は龍デザインが一番人気でした。今年も新しいデザインや、代々受け継がれているデザインをお届けできればと思っております。鍛造リング、リングの幅も思いのままに製作出来ます。2mm〜3mm迄は場面が狭い為限られたデザインとなりますが、繊細なデザインは細いリングに映えます。マリッジリングにする花言葉ある洋彫りデザインは種類もありますので二人で迷い決めて頂けます。幅が5mm位ありますと和彫りの花、日本を代表とする桜、菊、梅など綺麗です。印台リングになりますと場面が大きくなりますので、迫力あるデザインを彫金することが出来ます。先程も書きましたが、印台リングの両腕部分に龍は見事でございます。

昨年、最後の彫金はつる唐草デザインを印台リング両ウデ部分に彫金しましたが、ダイヤが入ったようにキラキラ見事な輝きをかもしだしております。

今年も、鍛造リング沢山お届け出来ますようご対応させていただきます。よろしくお願い致します。




|1|