JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

南の島から素敵な品物が届きました。

2020年07月08日(水)

遠く石垣島から素敵な品物が届きました。八重山ミンサー織り。八重山の島々で代々織り継がれている織物という事です。最大の特徴は五つと四つの絣に【いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く・・・】という想いがこめられていることですと書き添えてありました。お手紙に南の島よりともあり、頂いた色合いも素敵です!南の島のミンサー織りご存知ですか。思わず写真撮ってしまいました。

ご購入頂きました鍛造リングもまさに永遠に末永くご愛用頂ける指輪でございます。純金平甲丸形状の3.5mm6gと4mm8g、ペアリングとしてもバランスがいい形状をお選び頂いたと思います。
更に平甲丸形状の中でも両サイドをなだらかにせず、側面をたたせる今、一押しのデザイン。お客様、手にはめて、お写真も送ってくれました。私共に一番の励みになるお写真でございました。とても嬉しいです。
純金について何度もブログに書いておりすが、純金素材はなんの交じりもなく、素材の中でも群を抜いている素材です。しかし、柔らかいのではとよく耳にします。鍛造製法で製作した純金リングはプラチナ程の硬度をもった指輪に仕上がります。純金の色味は正に黄金色です。他の素材、K18指輪と並べてみてもK18も綺麗な色合いですが、やはり純金の色合いは重厚に見えます。


1本1本、幅、重さ、サイズに合わせてつくる私共にとりまして、お客様からのご連絡はなによりでございます。石垣島と埼玉県、お会いしての打ち合わせではなかったのですが、何度もご連絡頂きご対応頂きました。探していたリングとも言っていただき光栄です。こちらこそ、ありがとうございました。日々、心こめ製作、作業致します。




|1|