JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

金相場上昇中ですが、年内は価格据え置きで頑張ります!

2023年11月10日(金)

本日の相場、金10,540円。昨日よりプラス78円と上昇しています。弊社、地金溶解から商品を製作していますので、毎日相場、表にしています。今後の金相場については、地政学リスクやインフレ、円安などの状況次第と思われます。安全資産として金への需要が高まっているようです。金相場が高いと、躊躇される方も多いかと思います。しかし、金の指輪は、以下のようなメリットがあるため、購入を検討する価値はあるのではないかと思います。弊社は日々、相場とにらめっこしていますが、ご購入頂きました方々からのお褒めのお言葉やLINEやお問い合わせのメッセージなどのやり取り、やりがい、励み頂いて頑張っています。

金は、歴史的にも価値ある貴金属であり、資産価値が高いのが特徴です。そのため、金の指輪は、資産として保有することもできます。弊社は、金相場が高い状況下でも、自分好みの指輪を見つけていただけますようご提案、リングゲージ貸出をして、製作しています。デザインや素材をシンプルにしたり重量を抑えて予算内でも可能です。ご相談大歓迎ですのでお問い合わせください。

本日の相場にもよりますが、年内は価格据え置きのまま、製作と考えています。クリスマスに純金の指輪はとても高評価頂いています。純金は、他の貴金属に比べて変色や錆びに強いのが特徴です。そのため、日常生活で使用しても、美しい輝きを長く保つことができます。又、歴史的にも価値ある貴金属であり、資産価値が高いのが特徴です。そのため、純金の指輪は、資産として保有することもできます。混ざりがないのでK18と比べても肌に優しい金属アレルギーを起こしにくいのが特徴です。そのため、アレルギー体質の方でも安心して使用することができます。K18は銅25%を混ぜていますが、純金は混ぜ物はありません。

お問い合わせ
https://jnn.jp/form.cgi




11月の誕生石

2023年11月01日(水)

誕生石とは1月から12月までの生まれた月にちなんで定められた宝石です。近年の誕生石は1912年にアメリカの宝石業界により定められたものがもとになっています。誕生石の種類は国によって若干の違いがみられます。2021年12月一般社団法人日本ジュエリー協会が63年ぶりに改訂し日本の誕生石は総計29石となり、わかりやすく統一されました。

今月11月の誕生石はトパーズ、シトリン。

トパーズの語源には二つの説があります。 サンスクリット語で 火を意味する 「tapas」 に由来するという説と産出地である紅 海の島の名 「topazos」に由来するというものです。和名を黄玉といいます。 黄色をイメージさせる宝 石のためか、昔から黄色い水晶をシトリントパーズやリオグラ ンデ・トパーズといった誤った呼び方がされてきました。黄色以外にもブルー、ピンク、 褐黄色など多くの カラー・バラエティが知られています。 特に褐黄色~ピンク色 のトパーズはインペリアルトパーズの別名で呼ばれています。

【産地】 主要な産地はブラジルです。 その他にパキスタン、ロシア、スリランカ、マダガスカルなどで産します。


シトリンは黄色の石英で、 和名は黄水晶です。レモン色というラテン語の 「citrus」に由来します。色調は 濃い橙黄色から淡いレモンイエローまであり、さまざまなジュエ リー・スタイルにマッチします。 シトリンの歴史は古く、何千年 にもわたり装飾品に用いられてきました。天然色のシトリンは産 出が限られており、市場で見られるほとんどはアメシストを加熱したものです。 商業的にレモンクォーツと呼ばれている黄色い水晶は照射処理が施されたもので、シトリンとは呼ばれません。

【産地】市場に流通する加熱されたシトリンの主要な産地はブラジル、ザンビアなどです。無処理のシトリンはボリビア、ウルクアイなどから産出しています。

1月〜12月誕生石一覧はこちら
https://jnn.co.jp/?p=7566




|1|