JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

ほんとうの印台について

2023年10月17日(火)

印台を提供して長い年月が経ちます。鍛造(たんぞう)で作る印台は職人は昔たくさんいました。地金を叩いて締めて手作業で作り上げヤスリで仕上げていきます。それぞれの職人の癖が出て微妙に形状が違っていました。現在の手法の鋳造(ちゅうぞう)で肩に流し込む大量生産の印台風ファッションリングのものとは違い形崩れしない長持ちのするカッコ良い印台です。

本当のカッコ良い印台を見かけることはほとんどないのではないでしょうか。職人が少なくなってしまったからです。指輪や装飾品を手掛ける職人の中でも印台を鍛造でハンドメイドで作れる職人は最高峰で職人の中でも長い年月修業をして経験を積まないと作れない究極の神業です。当社は愚直にこの鍛造(たんぞう)製法にこだわり製作しています。効率だけを考えず一本一本大切に時間をかけて作り上げることにこだわりを持て作り上げています。

鍛造(たんぞう)製法とは刀を作るのと同じ火入れをして叩いては締めるを繰り返し強度ある地金に叩き出し、焼の入った硬い地金で商品を作り上げる手法です。日本では数少なくなってしまいました。一部プレスなどでドンと落として地金を圧縮して鍛造と称している商品も出回っているようですが広義で言うとプレスも鍛造なのでしょう。当社は火入れとハンマー入れを繰り返し金やプラチナの地金の顔色(状態)を見極めながら作業をしています。刀を作る職人技など見ると正に刀の鋼と話しながら作業をしているようです。

鍛造印台に印面部分、両サイド部分に手彫り彫金、レーザー彫金を施しています。手彫り彫金や印面彫をしている商品の製作、完成させる所は少なく、弊社、一番の得意として自信持ち日々製作に励んでおります。鍛造(たんぞう)製法だからこそ柔らかい純金や純プラチナも硬度ある印台に生まれ変わるのです。


ほんとうの印台は長い年月使い込んでも型崩れもしなく使い込めば使い込むほど良い味がでる印台こそ本物のほんとうの印台です。

◆写真は鍛造印台製作途中のリングです。輝くなくザクザクした表面になっていますが、これからヤスリ、バフを使って鏡面仕上げ致します。熟練職人の腕の見せ所になります。ピカピカに磨き上げます。




印台の形状の8型取り扱っています

2023年10月12日(木)

印台リングは、もともとは身分の高い貴族や王族が公式な文書に署名するための印鑑として使われていました。そのため、印台リングには権威や威厳を象徴する意味があります。その印台リングを弊社は鍛造製法で製作しています。密度、硬度ある特徴持っています。

印台リング形状、三味型(定番とされています)、横三味型、横長角型、正角型、丸型、縦小判型、横小判型、六角型を取り扱っています。はめる指や重さによってのアドバイスはお任せください。専門の担当者おります。

鍛造印台リング【simple is best】を基本に製作していますが印面にレーザーを使い家紋を彫ったり、梵字、ロゴ等も入れる事可能です。要打合せから入りますのでお気軽にお問い合わせください。又、印台リングの両サイドになる部分に手彫りもしています。代表的なデザインは龍、鯉、虎、牡丹、花唐草デザインしています。最近では右左に入れるのではなく、龍が1匹泳ぐ様の手彫り人気があります。左右の場合、下になる部分は鏡面のままですが、龍1匹の場合は下になる部分も手彫りして泳ぐさま表現しています。

印台リングを選ぶ際には、素材、サイズ、デザインなど、さまざまなポイントを検討する必要があります。素材は、金やプラチナなどの貴金属が一般的です。が弊社は純銀素材も取り扱っています。純銀素材の渋さもいい演出になります。サイズは、自分の指に合ったものを選ぶことが大切です。リングゲージご用意していますのでわからない方やご不安な方ご安心ください。印台リングの場合、リングゲージが異なります。幅が広くなりますので通常のリングゲージでは適切なサイズではありません。【平打測り】というリングゲージを使い計測。ピッタリサイズ製作致します。デザインは、好みに合わせてお選びいただければご提案も致します。

ご自分だけのオリジナルの印台リングを作ることができるのも魅力になります。写真はシンプルな正角印台です。重さは6匁サイズは9.5号でつくりました。名前通り印面が正方形の形をしています。鍛造手造り印台の見せ所、印面の角、写真でお伝えできていますでしょうか。ピッシっとしていて顔が切れてしまいそうでございます。




|1|