JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

K18梵字印台 30号製作致しました

2015年03月02日(月)

梵字(ぼんじ)ご存知でしょうか。
古典時代から広く使われて多くの文献を残しているため、サンスクリットは、ヨーロッパで古典学術用語として栄えたラテン語・ギリシア語とともに「三大古典印欧語」と称されています。
その文字を手作りした純金・純プラチナリングの印台の印面部分に1文字彫入れます。
【キリーク】【タラーク】【マン】【アン】【サク】【バン】【カーン】【キリーク】を用意しました。基本としてですので、他の梵字も承ること出来ます。弊社で用意した文字は、十二支の守り本尊となる文字です。キリークが2つあります。
【キリーク】千支 : 子(ね)守り本尊: 千手観世音菩薩(センジュカンノンボサツ)
【タラーク】千支 : 丑・虎(うし・とら)守り本尊: 虚空蔵菩薩(コクウボサツ)
【マン】千支 : 卯(う)守り本尊: 文殊菩薩(モンジュボサツ)
【アン】千支: 辰・巳(たつ・み)守り本尊: 普賢菩薩(フゲンボボサツ)
【サク】千支: 午(うま)守り本尊 : 勢至菩薩(セイシボサツ)
【バン】千支: 未・申(ひつじ・さる)守り本尊 : 大日如来(ダイニチニョライ)
【カーン】千支 : 酉(とり)守り本尊 : 不動明王(フドウミョウオウ)
【キリーク】千支 : 戌・亥(いぬ・い)守り本尊: 阿弥陀如来(アミダニョライ)

日本では仏事等で目にされることが多いと思いますが、実際に仏教用語の多くはサンスクリット由来であるということです。古来からの歌舞伎の衣装は梵字が用いられていると言われています。現代ではタトゥーなどで見かけたりします。

守り本尊を彫入れた純金・純プラチナは重みのあるリングに仕上がります。今回はキリークを彫入れ致しましたが、自分の守り本尊でなく親の守り本尊を身に着けていたいとの事。素敵なお話です。

写真は対比で左側が30号・右側が15号になります!2014102番




前ページ123|4|