JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

貴金属の使用上の注意、手入れ、保管方法

2016年03月15日(火)

貴金属は特に弊社の鍛造製法で作ったリングは硬度ある製品に仕上がっておりますが基本的にはデリケートなものと認識お願い致します。
なるべく硬いものとの接触を避けて保管は1つ1つ布に包むか小分けにして保管するのが望ましい方法です。携帯する際もケースやポーチなどのご利用お勧めいたします。汗、化粧品、ほこりなど貴金属が世ぼれる原因は多種多様です。身につけた後はやわらかい布やセーム革でから拭きをお勧め致します。

簡単な洗浄方法はぬるま湯で薄めた中性洗剤につけるとかなり落ちます。細かい部分はやわらかいブラシで軽くこするとチェーンの繋ぎ目なども綺麗に落ちます。その後真水でよくすすぐことお忘れなく。市販の宝飾用洗浄液や超音波洗浄液がありますが便利で簡単に洗浄できますが、洗浄液の濃度、石付ジュエリーなどは注意が必要ですので使用方法をよく読む事が大切です。


入浴や温泉に対しては泉質によりますが、注意してください。
純金、純プラチナの場合は合金がありませんので変色はしませんが、合金の場合、割金にしようされている他の金属が反応したりろう材が変色することがあります。特に銀製品の場合、硫黄分に敏感で硫化銀となって変色しますので厳禁です。市販の入浴剤は安全なものもありますが湯の花のようにとても変色させやすいものまであります。輪ゴムや温かい卵も銀製品を変色させます。合金成分などの他の金属が反応してできた錆による汚れが表面にあらわれ黒ずんだりします。

貴金属はお手入れひとつでより長くご愛用頂けます。




指とリングのベストの関係

2016年03月09日(水)

指と指輪の関係はどちらもお互いをひきたてあう関係がべストです。そのためにも指1本づつの持つ特徴を理解して効果的なリング見つけてください。基本ルールを覚えておけば応用やランクアップした重ねづけにもお役に立つと思います。
◆小指◆
チャーミングないんしょうのある小指にはやはりキュートなデザインがピッタリ。ピンキーリングとも呼ばれています。純金、純プラチナの2mm幅のデザインが人気があります。メンズでは小指にバランスよく合わせた印台リングが人気あります。
◆薬指◆
繊細な指ともいえるのが薬指です。だからこそ選ぶ指輪もこの雰囲気に似合う華奢(きゃしゃ)なデザインがベターです。マリッジで使われるものは3mm〜3.5mm位の純プラチナリングが人気です。4mm〜6mm幅の彫金デザインも人気があります。
◆中指◆
5本の中で一番ノッポの存在感のある指。左右の人差し指&薬指にはさまれているのである程度ボリューム感の形がお似合いになると思います。純金・純プラチナ素材の月甲型が人気です。幅は5.5mm〜7.5mm位で腕部分は3.5mm〜4.5mm位にした
ボリューム感があり手に馴染みやすい月甲型は人気です。リング1周、6mm幅の彫金リングも人気です。
◆人差し指◆
指輪をした時にいちばん目立つ指。親指との長さの差もあるのでデザインのインパクトがある幅が6mm〜8mm位のリングが人差し指を飾ります。幅が広いと彫金もデザインが増え、最近は四神、龍、馬、冨士、鷹と縁起物も大変人気頂いています。

指輪にも素材やモチーフ、イメージと個性があります。それを無視したつけ方はせっかくの指輪も手元も魅力半減となります。
シンプルリング+色石リングは指に並べてさりげなく。華奢なデザイン同士は重ねつけ◎。色石リング+色石リングの場合はボリューム感でメリハリを。

世界でたったひとつの自分だけの指輪を作ります。
オーダーメイドで、純金、純プラチナリング作りませんか。
◆お問い合わせ◆こちら→http://jnn.jp/form.cgi
フリーダイヤル:0120-80-5157




ありがとうございます。

2016年03月04日(金)

本日のホームページのバナーご覧なった方もいらっしゃると思いますが、相場の動き?もございますのでしょうか。大変多くご注文を頂いております。特に純金、純プラチナを扱える職人さんが少なくなっていることもあり思わぬことになっています。職人が1本1本、お作りする鍛造製法です。確実な商品をご提供を第一に考えております為、只今、ご注文頂いた方のお手元に届くお時間頂く形となってご迷惑おかけしてしまっています。代表が、一件一件お電話させてもらっているのですが、皆様の心温かいご返答に私共も有難く助かっております。

やはり注文したらすぐに手元に欲しいものです。それでも弊社の商品は通常2週間〜3週間お時間いただいておりますのにそれ以上のお時間かかるとお電話入れています状態です。

鍛造製法ですので、職人が、地金を溶解して、叩いて叩いて、火入れ、叩いて叩いて、火入れを繰り返します。
刀を作るような作業で地金を密にして硬度をあげていきます。その作業はお時間かかっても職人には手が抜けない所でございます。
より良い商品をお作りお手元にお届けさせていただきますので宜しくお願い致します。




前ページ1234567891011121314151617181920212223|24|25262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455次ページ