鍛造製法・純金・純プラチナリング 鍛造リング・手彫り彫金注文ページ

オーダーリングカテゴリ


  • キーワードで商品検索
    (複数キーワードはスペース)
    (例:純金 リング)
  • 買物カゴ

JEWELRYブログ

純金 純プラチナ 守護 如来 菩薩 明王 天部梵字文字 

2018年08月03日(金)

純金、純プラチナ素材を鍛造製法で製作したリング表面に梵字一文字を手彫りした梵字リングの手彫り文字が増えました。代表的になる守護梵字の干支の文字8種類の他、22種類の梵字文字お選びいただけます。

十二支梵字文字


子(ね) 年 キリーク千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)
丑(うし)年タラーク虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
寅(とら)年 タラーク虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
卯(う) 年 マン文殊菩薩(もんじゅぼさつ) 
辰(たつ)年 アン普賢菩薩(ふげんぼさつ)
巳(み) 年 アン普賢菩薩(ふげんぼさつ)
午(うま)年 サク勢至菩薩(せいしぼさつ)
未(ひつじ)年バン大日如来(だいにちにょらい)
申(さる)年 バン大日如来(だいにちにょらい)
酉(とり)年 カーン不動明王(ふどうみょうおう)
戌(いぬ)年 阿弥陀如来(あみだにょらい)
亥(い) 年 キリーク阿弥陀如来(あみだにょらい)

干支以外ご利益のある如来、菩薩、明王、天部


ベイ 薬師如来(やくしにょらい)
ア 毘盧舎那如来(びるしゃなにょらい)
サ 聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)
キャ 十一面観音菩薩(じゅういちめんかんのん菩薩)
ウン 馬頭観音(ばとうかんのん)
カ 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
マ 孔雀明王(くじゃくみょうおう)
ウン 愛染明王(あいぜんみょうおう)
ウン 軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)
ウン 烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)
ウン 金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)
キリーク 大威徳明王(だいいとくみょうおう)
イ 帝釈天(たいしゃくてん)
ボラ 梵天(ぼんてん)
ベイ 毘沙門天(びしゃもんてん)
ギャグ 歓喜天(かんぎてん)
ソ 弁財天(べんざいんてん)
ダ 荼枳尼天(だきにてん)
シリー 吉祥天(きっしょうてん)
マ 大黒天(だいこくてん)
ウン 鬼子母神(きしもじん)
マ 摩利支天(まりしてん)

上記を紹介させていただきますが、ご希望の梵字も手彫り彫金可能です。ご自身の目的とするもの、生き方、ご信心で探されるご利益のある梵字を刻みます。
梵字文字詳細はこちら→https://jnn.co.jp/?page_id=4004

価値ある結婚リング(マリッジリング)

2018年05月23日(水)

結婚リング(マリッジリング)はこだわりを持って選びたいですね。お二人にとって一番大切な絆の証しは常に身につけている結婚リング(マリッジリング)です。有り合わせを選ぶのではなく、絆として価値ある納得のいく指輪を選びたいですね。出来たらあるものを購入するのではなく、ご自分の意思でオーダーメードしたいですね。オーダーは割高になってしまうとか、どのように注文したらよいのか判らない等々問題が多くついつい気後れしてしまいます。心配しないでください。先ずはメールでの問い合わせをしてください。どんな些細のご質問でもメーカーとしての製造ならではの観点から、地金商材、商品を知り尽くした専門家がお答えします。どんな些細のご質問でも問題ありません。メールでも電話でもご連絡ください。

材料を知り尽くし製造を知り尽くした専門家のアドバイスは驚くことばかりの連続だと思います。例えば金にするのか、プラチナにするのか、サイズの測り方など何店舗かお店を歩かれた方は新しい発見の連続だと思います。私どもの会社はメーカー卸が主な業務ですので無理にお勧めすることもなく、価格が高いほうが良いという考え方はありません。むしろお客様にマッチする商品であれば、安い方の商品をお勧めすることがあります。地金商材に関してならば一般のお店ではほとんど置いていない、純金(K24)、純プラチナ(Pt999)は永遠である結婚リング、記念リングには最適ではないかと思います。

純金、純プラチナは通常の自然界においては何物にも侵されず、酸化も、硫化も、変色も、錆びることもありません。何千年経っても変化することがありません。これをお二人の絆の証として身に着けられるのは最高の選択ではないかと思います。ではなぜ今までお店では扱っていないのでしょう。それは純金(K24)、純プラチナ(純プラチナ)は扱いが難しく加工に高い技術が必要だからなのです。鍛造(たんぞう)製法で硬度を上げ、硬く材料を加工して表面を手作業でへら加工(表面を金属棒でこすって潰してならす作業)して熱を持たせないようにフェザーのようなタッチで仕上げていきます。

このように手間ひまかけた指輪は正に芸術品で特別の意味のある結婚リングや記念指輪には最適ではないかと思います。古代エジプトや昔の発掘された物などにはたくさんの金製品が出てきます。数千年経っていても燦然たる輝きを放ち純金の凄さ実感させられます。昔の技術は素晴らしく、現在の機械に頼る製造法は職人の技術力を衰退化させています。私たちは40年、50年の技術力を筆頭に熟練した職人の手作業で商品を作り込んでいる会社です。先ず質問からです。どんな些細の質問でもすることから始まります。

製品はこちら:https://jnn.jp/page.cgi?n=7_ad_1467705599

お問合せ:https://jnn.jp/form.cgi

きつくなってしまった指輪を下取りしていただき、指輪代から引いていただくことはできますか?

2018年05月14日(月)

指輪を下取り地金として計算して指輪をお作りする事は可能です。

一般的には新しい商品の製品価格から下取りする商品の地金代を差し引いた価格で計算しますが、当社は自社で加工をしますので、同じ種類の地金であれば、下取り地金を使って新しい商品を作ります。製品を作るロス等もありますが、状況にもよりますが工賃だけでお作りすることも可能です。新しい商品の地金に対する利益も乗っていないので、価格は相当お安くお作りすること可能でございます。

・お母様からお譲りされた指輪を下取りして平甲丸型桜彫金リングに作り替え。
・数年使用していた指輪を下取りして三味印台型両肩龍神彫りリングに作り替え。
・3本のリングを下取りして平打型桜・梅・菊彫金リングに作り替え。
・純金のお箸を下取りして印台型リングに作り替え。
・形見のリングを使って2本の結婚リングに作り替え。素敵ですね。

それぞれの想いをお叶えさせて頂いております。一度、是非ご相談ください。
info@jnn.co.jp




|1|2345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546次ページ