JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

鍛造でつくる家紋入印台リング

2022年09月05日(月)

Signet Ring(シグネットリング)は、日本語で印台リングと言われる伝統的なリング。ヨーロッパの貴族は、リングの上部に紋章を刻み家柄を表しました。風格はそのままに、日常に馴染む着けやすいデザインです。
ヨーロッパでは家の紋相は大事なもので、ご自分のルーツや一族までわかる証です。

アメリカなどでは学校の紋章を彫ったカレッジリングが有名です。また、メジャーリーグのワールドチャンピョンに送られるチャンピョンリングも有名です。

日本にも家の系統を象徴する紋があります。家紋です。どこの家にもある古くから伝わる大切な印。家紋とは、個人や家族を識別するために用いられる日本の紋章であります。5000以上の種類があり実際には替紋や女紋などを入れると数万以上になり正確の数はわからないようです。有名なのは皇室の紋章である菊花紋章、豊臣家の家紋である桐紋、徳川将軍家の紋章、三つ葉葵。が知られています。
家紋入り印台を作ることができる業者はほとんどいないと思います。

現在は家紋に対する認識がほとんどなく、ご自分の家紋さえ知らない方が多くなっています。昔は羽織や持ち物に家紋を入れていました。おなじみの水戸黄門様の家紋入り印籠は誰しもが知る名場面です。現在もヨーロッパ諸国では紋章(家紋)入り印台を紳士はつけています。英国の皇太子は小指につけていて有名です。仕事で香港に行く機会が良くありますが、返還される前は英国領だったためシグネットリング(印台)をつける風習があります。諸外国の印面の紋章は簡単な図柄のものが多いですが、日本の家紋ほどきれいで完璧な図柄は他国にはありません。家紋入り印台を外国人に見せるとあまりにも美しく驚かれます。家紋入り印台こそ究極の指輪Signet Ring(シグネットリング)です。





◇お客さからのお問い合わせ◇K24とK18の違いの説明。

2022年09月02日(金)

K24とは純金で99.9%のものを言います。何も混ざっていない純粋の金のみで比重があり同じ大きさで鉄の2.47倍重さがあります。角砂糖の大きさならば鉄は7.8g、金は19.3gと重く、まさに黄金の色をしています。何物にも侵されないので錆びることも変色することも何千年経っても変化しません。

K18は75%が金で残り25%が銀と銅の合金になります。25%が銀と銅なので純金より色が淡い黄色になります。合金なので純金より硬度はあります。また銀と銅を使っているので酸化(変色)や硫化(黒くなる)する事があります。金が75%なのでその分安くなります。比重は15.22ですので純金より1.26倍違い軽くなります。同じ大きさですと純金の方が1.26倍重くなります。


貴金属は1000分率(パーミル)で表示します。一般的には100分率(パーセント)パーミルは‰で表示します。パーセントは%。K18はK24、純金にたいして18/24=0.75になり1000分率なので750で表示します。パーセントで表すと75%が金、25%が他の金属(割金)を混ぜ合金にします。25%の割金は15%が銅。10%が銀。が日本の場合多く使われています。
日本の金製品は特にジュエリーではK18は古来日本ではもっとも多い金製品になります。K18の色合が日本人の肌色に合う事や硬さ強度面からも広く普及しています。金製品には現在K24、K22、K18、K14、K10、K9とありますが最も普及しているのはK18製品です。




LGBTQという言葉を聞いたことがありますか?

2022年08月30日(火)

ジュエリーナカザワでは、セクシュアリティに関わらず、全てのカップルにふさわしい、リングのご提案をいたします。お二人の証をピュアな純金・純プラチナでつくります。

数年前から弊社はセクシュアリティでも当たり前のようにペアリングを手に入れられる環境をお手伝いさせていただいております。
https://jnn.co.jp/?page_id=6270


お問い合わせから連絡。お話をお聞きするとどこのお店に行っても対応してくれないとのことでした。弊社の代表がセクシュアリティに関わらず、ふさわしい、リングのご提案をさせていただきました。
その後、ご対応させていただいたお二人からmailを頂きました。『結婚式のYouTubeをUPしましたのでご覧ください』との内容でした。お二人の思いがたくさん詰まった映像でした。ステキなお二人の笑顔が一番印象的でした。そして、映像の中に弊社で製作させて頂きました鍛造純金リングの映像がUPされていました。社内中が笑顔に、一斉に拍手が響き渡りました。


全てのカップルにふさわしい、リングのご提案、製作いたします。純粋の愛をよりピュアな純金・純プラチナで表すのはいかがでしょうか。純金も純プラチナも永遠です。数千年経とうが錆びることもなく、色あせることもない、正に永遠の愛を誓う純金リング、純プラチナリングこそお二人を結ぶ証です。


お気軽に些細な事、どんな事でもお問い合わせください。
これからも誰もが自分らしくを実感できる鍛造リング製作致します。


全てのカップルにペアリングを購入できる環境を誰に対しても変わらず整えています。





|1|23456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778次ページ