JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

鍛造印台造り(製作へのこだわり)

2020年10月08日(木)

18金の85gの印台製作致しました。なかなかの大作です。
お客様よりのご依頼は迫力のあるもの、印面に名前を逆浮かし彫り、印鑑にも使用できるもの、書体はくずしデザイン、印台の肩(腕)に縁起の良い彫金を入れたい。印台の大きさ重さも他とは差別化したい重厚感のあるものをご希望されました。おまかせください。

40年以上の鍛造(たんぞう)製法では日本では唯一の製作集団としての自負がある当社としては腕の見せ所です。デザインは正角印台にして印面文字のデザイン、文字の太さ、枠の太さ、肩には縁起の良い運気と富をつかむ龍、昇龍を彫金する打ち合わせをさせていただき製作に入りました。

数日かけ溶解した地金を刀を作るよう火に入れてハンマーで叩いては締め、火に入れて叩いては締める鍛造(たんぞう)製法を繰り返し地金に焼を入れ締めます。ざっくりした印台の形にハンマーで指輪の形を叩き上げます。この時点では130g位あります。正角印台の形にヤスリで合わせていきます。そこではだいたいの印台の形にはなっています。ヤスリだけでほぼ作り上げ100g前後で指のサイズの仮合わせをします。一旦お客様の所に送りきついかゆるいか調整します。重さと幅が広い為通常のサイズ測りでの測定では不安なのと、製品になったら厚みがあり過ぎるためサイズ直しが無理だからです。重量の重い印台などは充分な地金が途中段階でついているためサイズの仮合わせが出来ますが通常印台の大きさですと余分な地金がついていない為途中での仮合わせをすることはありません。

サイズが確定したら細かいヤスリを徐々に使い分け仕上げに入ります。次に印鑑彫りの浮彫に入ります。昨今は守り本尊の梵字が多くなっています。次に両肩に昇龍を彫りますが、大きな印台なので幅が広く豪華な絵柄の龍を彫ります。通常は彫り面に梨地(マット)をかけタガネで彫金しますが、あえて鏡面に彫金して曇らせるところはタガネで細かい点を打ち敷き詰め、浮き出るよう豪華に彫りました。最後に仕上げをして出来上がります。素晴らしいお客様で打ち合わせもスムーズにいき仕事も順調に進みました。大作に達成感と良い仕事ができたことへの感謝で精魂込めた商品を送り出します。

一本一本大切に全て手作りで丁寧につくります。それが私たちの使命です。




素敵なお写真届きました。

2020年09月03日(木)

ご購入頂きましたお客様からお褒めのお言葉とリングを二つ並べ黄金色に眩く輝くお写真Lineに送られてきました。手にはめて頂いた写真も頂きまして思わず、お写真使ってもいいですかと返信してしまいました。
快く了解していただき掲載しています。先にインスタの方にお写真載せたのですが、いいね!して頂き光栄です。お写真本当にありがとうございました。

お客様にご購入頂いております上に、ご購入後までつながりが持てること嬉しくとても励みになります。長くご愛用頂けます商品ですのでアフターは万全に準備しております。どうぞご安心ください。やはりお使い頂いておりますと、コキズなどがついてしまいます。どんなことでもご相談していただきたいと思っております。なんなりとお申しつけください。

今回のお客様の指輪はシンプルな印台リングが華やかに仕上がりました。ホームページに掲載している商品はごく一部でございますが、基本的な商品をご提供させていただいておりますのでご参考にご希望頂ければご提案やアドバイス等させていただき、無料お見積り等致しますのでお気軽にご連絡してください。

お写真を見て頂くとどちらも印台リングですが、印台形状が横三味印台と横長角印台となります。横三味は定番の三味印台リングを横に長くした形状です。少しふくらみがあります。横長角印台は直線で長方形の形状です。どちらも熟練した職人の手作業になります。形状に合わせてやすりで形を作っています。印面のアレンジは0.219ctのダイヤの五光留めと手彫り彫金での梵字文字彫金。ダイヤの五光留め部分も手作業で五光に鏨で形どりダイヤを留めています。梵字も文字を決め細かく手作業で彫金しています。印台の腕部分は鏡面のままでもシンプルですが、手彫り彫金を入れるととても華やかになります。今回は阿吽の龍とつる唐草のデザインを手彫り彫金施しました。

阿吽・・無意識のうちにおこなっている動作ひとつ糸のように絡み合うほどの仲の良い状態になっているのが「阿吽の呼吸」あえて言葉に出さなくても通じ合う、人と人との結びつきから発生した言葉とあります。手彫り彫金される龍は縁起いいとされていています。そこに阿吽を入れた逸品デザインです。

梵字彫金・・◇バン◇12千支では未・申(ひつじ・さる)守り本尊:大日如来(だいにちにょらい)あらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり無限宇宙に周遍する超越する菩薩様。災難苦難を除き平和と繁栄を祈願すると言われています。

ダイヤ五光留・・ダイヤの輝きが一番きれいに輝いて見えるダイヤ留めになります。

つる唐草・・何本もの鏨を使って熟練職人がデザイン彫金しています。

シンプルな印台リングも色々なデザインを加えると華やかになります。華やかな印台リング、さりげなく身に着け日常で楽しんでいただける様商品作り致します。この度は素敵なご連絡ありがとうございました。




金やプラチナの指輪などのアレルギーについて

2020年08月18日(火)

純金リングや、純プラチナリングがアレルギーになりにくいかと言う質問が多くあります。以前も取り上げましたが追加して詳しくお伝えします。

金やプラチナでもアレルギー反応を起こすことはあります。しかし純金、純プラチナではほとんどありません。多くはメッキや18金や14金またはPt900などの合金にすることによる反応が原因です。他の金属から比べると格段にアレルギー反応は少ない結果が出ています。

メッキは金やプラチナではしていないのではと思われていますが、輸入品のリングやネックレスは、大半がメッキを施されています。金に金のメッキをするのです。日本では不思議に思いますが、お国柄だと思います。日本でもプラチナのダイヤ入り商品はメッキをかけることが多くあります。またホワイトゴールドは、ほぼ全てメッキ掛けしています。


以前アレルギーの質問の応答がありますのでご参考ください。

【24金は純度99.9%の金なのですよね? 残りの0.01%は何が入っているのでしょう?実は、プラチナ900で金属アレルギーのようなものがでてしまい、残りのニッケルやパラジウムなどにアレルギーがあるのだと思い、プラチナ1000のリングを買い直したのですが、それをしていると、なんとなく痒いような感じで、肌にはまだ何か出たわけではないのですが、やはり金のほうがよかったのかな、と。】というご質問もいただいたのでご返答致しました。

●純度の件ですが、金、プラチナ等貴金属はパーセント%百分率ではなく千分率で表します。パーミルと言い表記は‰で表します。百分率よりさらに細かく表示します。純金は999.9‰で不純物は理論上なく空気又はホコリ等大気中のゴミ等があり完全は無いと考えられています。一般には千分率は普及していないので百分率で簡単に表していますが、正式には99.9%は貴金属では間違いです。百分率では何か違う物質が入ってしまうように感じますね。

アレルギーに対してのご質問ですが、私もこの件に関しては特に重要視しており、大学やジュエリー協会と協議研究をしてまいりました。結果ジュエリーに関してはほぼニッケルとコバルトが原因でした。又K18やPt900などの合金は銀、銅、パラジュウムなどで割るためそれぞれ地金がアレルギー反応を起こすことがあると考えられています。品位が低ければ低いほどアレルギーの確率が多くなります。一概に言えませんが純粋の金、プラチナは限りなくアレルギー反応が少ないとされています。但し接触皮膚炎アレルギーを金属アレルギーと混同している場合が多いようです。Pt999でも石が付いている商品などはメッキをかけているものが多く、メッキが反応している場合が多くあります。 結論から言うとPt900では割がねが問題で反応し、Pt1000ではひょっとすると石が付いているものかもしれずメッキが施されているかもしれません。ダイヤの指輪などほぼメッキ処理されています。金やプラチナはアレルギー反応はほとんど例がありませんが稀にありゼロではありません。

◆お忙しいところ、わかりやすく説明していただき本当にありがとうございます。 裏側に穴は開いていないのですが、確かに小さいダイヤが5つついています。 メッキがされているのでしょうか? だとしたら純金でしたら大丈夫な可能性もありますね! しかし、昔に手荒れで皮膚科に行ったところ、接触性アレルギーとかなんとか言われたことがあった気がします。これだともう治りませんか? 色々質問ばかりで申し訳ないですがよろしくお願いいたします。 純金で大丈夫だといいなーと思います!

●当社はメッキをかけることはしませんが、ファションリング業界では慣例的にプラチナのダイヤの指輪にはメッキをかけることがおこなわれています。お持ちの指輪がそうなのかはわかりませんが。金でもプラチナでもメッキがかかっていなければ同じだと思います。接触性アレルギーでも皮膚との接地面が少なければアレルギーの可能性が少なくなります。要するに幅の細い指輪だと確率が低くなります。先程写真を拝見しましたがメッキ処理されているか調べるのは分析と言って大がかりになり費用も驚くほどかかります。またプラチナにメッキ処理するのはダイヤの立て爪などはほぼ全てしています。プラチナが白くなりダイヤがより光って見えるからです。




|1|234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162次ページ