JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

印台リングおまかせください!鍛造製法で作ります!

2019年12月04日(水)

本物の印台とは何か?
長く愛用しても型くずれもしなく、愛用していると指に馴染んでくる印台リング。
印台こそ究極の指輪の中の王様です。
本当の印台を打てる(製作)職人はほとんど少なくなってきているのが現状です。印台風のキャスト鋳造で型に流し込んで作るものがほとんどです。
現代風に大量生産には向いていますが、地金の密度が浅く強度もありません。本当の印台はたんぞう製法で火入れして叩いては締めを繰り返し、ヤスリで大量の地金の粉を出しながら型を作り上げていきます。当社は少ないと言われている印台の製作が出来る数少ない会社になります。

鍛造印台リングの魅力 ご要望叶えます。
印台は歴史が古くヨーロッパでは貴族が家の紋章を入れた指輪で封筒などの封印に蠟に押し付け型押ししたりするのに使用されていました。日本独自のもののように思われていましたが。日本では印面に印鑑彫りを施し印鑑として使用されたこともあり、印台と呼ばれるようになりました。ヨーロッパ、東南アジア、中国では印台はお金持ちのボリュウムある金の指輪として広く流通しています。学校もしくはチームの統一リングのカレッジリングも印台です。印台は作り手がほとんどいなくなり。貴重なものとなってきました。究極の指輪の造形です。完璧な形状です。これほど美しい指輪は他にありません。

【鍛造製法】

鍛造製法とはハンマーで地金を叩いては締め叩いては締めて形状を作りヤスリで仕上げていきます。この製法過程を鍛造と言います。刀を作る方法と同じです。
最近、12匁(45g)純プラチナ印台の肩(腕)に彫金を施す特注品のご依頼がありました。45gと大きく、肩が18mmぐらいの広さがあるので考えに考え、通常指輪には彫ることのない牡丹柄を考えました。牡丹柄は香炉や銀の置物などには彫金柄としては見たことはありますが、指輪では彫ることは難しく大変でしたが彫り上げた印台は華やかな牡丹柄が目を引き、牡丹の大輪が引き立ち力作となりました。印台に彫金を施すと重厚な豪華さがでる従来と違ったバリエーションが生まれました。




結婚指輪密度、硬度ある鍛造で作ります。

2019年11月27日(水)

ここの所、TVの情報は結婚ラッシュが続いている模様、幸せオーラが伝わってきています。
弊社でも、マリッジリングのリングの内側刻印の中にハートマークを刻まれる方が多く、心こめ刻印作業もしています。

指輪はもちろん鍛造製法で硬度、密度あるリングにペアになるように厚みも考えてバッチリペアリングに仕上げます。

リングの内側に刻印機で月日、お名前、ハートマークバランスよく入れることが出来ます。
お名前は英数字大文字になります。後は数字、to、&、ハートマークの組み合わせで22文字位(バランスがいい文字数)空白も一文字、半空白もOK!

マリッジリングの選び方のブログ更新しています。
https://jnn.co.jp/?p=4834

刻印は無料サービスでお入れしています。




リフォームについてお客様からの質問

2019年11月18日(月)

お客様から、ご質問がありましたので質問とご回答、参考になればと思います。
質問1 
サイズを直すことは、可能でしょうか?また、サイズを直したら、グラム数が少なくなりますでしょうか。また、サイズ直しの代金も合わせて教えていただけますでしょうか。

回答:サイズ直しは可能です。大きくしても、小さくしても仕上げをするのでグラムは減ります。当社のリングでしたらサービスでお受けしています。

質問2
指輪の幅を広げたい場合【商品3mm幅リング】(グラム数を増やして3ミリ幅か4mm幅か5mm幅にしたい場合)、今の指輪を使って作成していただくことは可能でしょうか。もし、可能な場合は代金も教えていただけますでしょうか。

回答:新しく作る地金として足しますので可能です。加工するときに溶解や作りにロスが10%かかります。その分を差し引いて計算します。

例として純金3mm幅4gのリングを下取としてK24平打ち幅4mm5gに作り替える場合、現在、K24平打ち幅4mm5g93,300円で製作しますが、下取リング、ロス10%、加工賃等を計算すると51,667円でご購入いただけます。

最近では純金のお箸を下取にして純金リングを指輪6本お作りになったお客様もいらしゃいました。

ご質問されたお客様は製作されたばかりのリングですので、充分楽しんでご愛用頂きお考え頂ければと思います。純金リングは指にはめればはめるほど指に馴染みいつまでも黄金色輝いています。

他には形見のリングを使って、受け継がれる方もいらっしゃいます。溶解して製作します。形が変わっても元になる地金はそのままなので受け継がれます。

他には今、たて爪リングはしている方も少ないので、流行りもありますので、ダイヤを外してリングをシンプルな甲丸型・平甲丸型・平打型に変え、そのダイヤを留めることも可能です。リングの中にダイヤを留めるとさりげないお洒落が楽しめます。




|1|234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556次ページ