JEWELRYブログ

TOP > JEWELRYブログ

硬い純金の指輪(リング)

2019年07月02日(火)

純金の指輪はやわらかく品物にならないと言うのは間違えです。つい先日お問い合わせがあり、東京の有名なジュエリーのお店や問屋がたくさんあるジュエリー街に行き、純金のリングをさがしていたそうですが、純金は柔らかくて指輪にはなりませんと言われ勧められるままに18金の指輪を買われたそうですが、たまたま知り合いのご婦人が純金の指輪をされていたので、柔らかいのかお聞きしたところ鍛造(たんぞう)製法で硬く重厚な黄金色で硬さは普通のプラチナなどと変わらないとのことで、何故そうなるのか?お店の方は何故や柔らかいと説明されたのかご質問を頂きました。

まず、純金は通常柔らかいです。18金や14金など合金にして硬く加工して指輪や装飾品として加工して使用されていました。しかし合金は酸化や硫化により変色したりやけたりするため純金を使うのに少し前までは硬化純金と言ってほんの少し硬い金属を混ぜ使っていましたが、平成24年より造幣局が貴金属の品位表示を変更してきました。それに伴い純金は多少なりとも他の金属が混じっているものは認めなくなりました。999/1000以上のみが純金です。貴金属は千分率ですので999‰(パーミル)金属を硬くする方法に鍛造(たんぞう)と言う製法があります。

まさに日本では刀を作る方法で火に入れては叩いて締め、火に入れては叩いて締めるを繰り返すと刀は折れるほど硬くなります。包丁や刃物などで焼が入っているという表現をしますが、あまいものをナマクラと言います。純金も鍛造製法で作るとプラチナとほぼ同等に近い硬度になります。但し技術が難しく出来るところがほとんどありません。日本では数社しかないと思います。おそらくジュエリーショップの方は見たことも仕入れるルートも無いので知らないのだと思います。純金は永遠に変色しなく錆びることもありません。世界中が純金に憧れ大切にし富の象徴とするのは永遠に変化しないからです。そんな純金を鍛造(たんぞう)製法で指輪を作り身に着けると黄金のパワーが感じ取られるような気がします。鍛造製法で時間をかけ丁寧に作った純金の指輪は硬く重厚な色合いを放ちます。純金も製造方法によって柔らかくなく硬い製品となります。




指なじみいいと嬉しいご連絡頂きました♪

2019年05月31日(金)

【今日届きました。とても丁寧な梱包で、ワクワクしながら開けました 芸術品ですね、柄も太さもこれにして正解でした。つけてみると、しっとりとつけ心地良くとても小指に馴染みます。以前作って頂いたリンドウの指環と一緒に大切に愛用して行きます。ありがとうございました。】 

嬉しいご連絡です。指輪の内側も職人が手作業でヤスリを使い仕上げています。鍛造製法ですので地金を火に入れ、叩いていますので密度ある地金になり指を入れると滑っとなる感じを実感していただけます。今回は表面にアザレアを彫金しました。花言葉は【あなたに愛されてしあわせ】素敵な花言葉です。リンドウの花言葉は高貴・悲しんでいるあなたを愛するとあります。

その他にも指通りのいいリング表面一周に花言葉ある花を手彫り彫金しています。【クローバー:約束】【フジオレンジ:喜び】【デージー:明朗】【オリーブ:平和】【なでしこ:思慕】【カラー】【ストロベリー】【ヒヤシンス】【スイトピー】【リンドウ】【麦穂】【ロランジュ】【スズラン】【フジ】【アイビー】【ローレル】【チューリップ】等々を手彫り彫金しています。それぞれに素敵な花言葉があり、結婚指輪にお選び頂いてもいます。好きな花、好きな花言葉の手彫り彫金致します。




見た目では分からない素材でもありますが厳しい規定があります。

2019年05月29日(水)

ジュエリー及び貴金属製品の素材等の表示規定についてご案内いたします。

表示規定は、ISO、JIS、CIBJOの規格に適合し、規格外の事項は国内外業界の商慣行を整備し、また、景品表示法、不当競争防止法、関税法等の法律(通達を含む)の一部事項を加え、及び消費者にとって不利益を受けない表示を基本として、一般社団法人日本ジュエリー協会(以下、JJAという)がジュエリー及び貴金属製品に用いる貴金属素材等の表示法を定めたものである。となっています。

◆カラット表示◆

金及び金製品は、元素記号表示に替わり24分率の整数とKの記号との一体のカラット表示で表すことができる。
JISの品位区分に該当するカラット K22 K18 K14 K9
JISの品位区分に該当しないカラットK24 K23 K20 K16 K15 K12 K10 K8 K6 K5


◆純金など純を用いる表記◆

①純で表示される取引用貴金属インゴットは、精錬された999‰以上の品位で人為的な不純物を含まないものを言う。
②ジュエリー製品では、999以上の品位の製品は、純を用いることができる。

純 金:999‰以上の金
純 銀:999‰以上の銀
純白金:999‰以上プラチナ
亜純金:997‰以上999‰未満の金
亜純銀:997‰以上999‰未満の銀
亜純白金:997‰以上999‰未満のプラチナ
足 金:990‰の金
足 銀:990‰の銀
足白金:990‰のプラチナ

上記一部ご紹介ですが、日本ジュエリー協会が定めた表示規定の資料より転記。

弊社、日本ジュエリー協会に所属し、品位に関しては検査を怠らず検査完了した商品をお客様のお手元に商品お届けしております。




|1|2345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455次ページ